with security SAFETY

エントランスホール完成予想図

SECURITY

安心の暮らしを追求した
セキュリティシステム。

信頼性の高いALSOKによる
24時間遠隔保安システムを採用

「サンクレイドル竹ノ塚Ⅱ」の暮らしを守る24時間体制のセキュリティシステム。住戸ごとに設置された非常警報装置(火災報知器など)は、管理事務室の集中管理装置経由でALSOKガードセンターへ直結。遠隔監視は24時間体制で、異常事態発生時には警報の内容に応じてALSOKの当該部署がスピーディに対応します。

ALSOK概念図

カラ−モニター付ハンズフリーインターホン&
オートロックシステム

「エントランスの来訪者を室内のインターホンモニターでチェック後、自動ドアを解錠するので安心です。

カラ−モニター付ハンズフリーインターホン&オートロックシステムイメージ図

インターホン親機画像 子機画像

鍵はカバンにしまったままハンズフリーで解錠Clavis「Tebraシステム」を採用

セキュリティ性と利便性の向上を両立し、「Tebraキー」をカバンやポケットに入れたままオートドアをハンズフリーで解錠できます。荷物が多くて両手がふさがっている時などもたいへん便利です。

防犯カメラ(リース)

防犯カメラ(リース)
24時間稼働の防犯カメラ8台(エレベーター内1台買取)を設置。威嚇効果、犯罪予防効果もあります。

マグネット式防犯センサー

マグネット式防犯センサー
1階住戸の一部サッシュの一部には防犯センサーを設置。不審者の侵入を防ぐセキュリティシステムです。

防犯サムターン&鎌デッド錠

防犯サムターン&鎌デッド錠
サムターン回しやバールなどでのこじ開けによる不正解錠に対して高い防犯性能を備えた玄関錠を採用しました。

プッシュプル玄関ハンドル

プッシュプル玄関ハンドル
玄関ドアにはお子さまやご高齢の方も握りやすく開閉がしやすいプッシュプルハンドルを採用しました。

ドアガード&ドアスコープ裏ぶた

ドアガード&ドアスコープ裏ぶた
来訪者等をドアの隙間から確認できるドアガードと裏ぶた付のドアスコープを設置しました。

MULTIMEDIA

多彩に広がるマルチメディア環境。

STRUCTURE

確かな建物構造で安心の生活をサポート。

杭基礎構造

杭基礎構造
「サンクレイドル竹ノ塚Ⅱ」では、地中に造成杭を打ち込み建物を安定させ支えています。(本体建物のみ)

ダブル配筋を採用

ダブル配筋を採用
コンクリート内に鉄筋を一列に配置するシングル配筋に対し、鉄筋を二列に配し、建物を支える壁にダブル配筋を採用しています。(一部除く)

断熱効果に配慮した外壁

断熱効果に配慮した外壁
外壁の厚さは約150mm以上の躯体にタイル(一部吹付)を貼った構造で、プラスターボードの内側に断熱材を入れ断熱効果に配慮しています。

スラブ厚約200〜220㎜&二重床+二重天井

スラブ厚約200〜220㎜&二重床+二重天井
スラブ厚は約200〜220㎜(1階床スラブと最上階天井スラブを除く)と、居室の天井はスラブの間に空気層のある二重天井、床はフローリング材の二重床構造です。(一部除く)

断熱材

断熱材
建物全体に綿密な断熱対策を実施。屋外に面する壁、最下階住戸の床スラブ下、最上階天井スラブ上など、建物全体に断熱対策をしています。最上階天井スラブ上は硬質ウレタンフォームまたはポリスチレンフォーム、最下階住戸床スラブ下にはポリスチレンフォーム、外壁部分の内断熱には、発泡硬質ウレタンフォーム断熱材を採用しています。

厚さ約180㎜以上の戸境壁

厚さ約180㎜以上の戸境壁
戸境壁は、約180㎜以上の躯体に、ビニールクロスを貼る施工方法を採用しました。

耐震枠付玄関ドア

耐震枠付玄関ドア
万が一の地震で枠が変形しても扉の開閉機能が損なわれづらい耐震枠を標準仕様としています。

ECOLOGY

より便利に、より快適に。

EVALUATION

いつまでも心地よく暮らすために。

第三者機関の性能評価

「設計」「建設」2つの住宅性能評価書を取得(予定)「サンクレイドル竹ノ塚Ⅱ」は、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品質法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。評価書には、設計図書の段階で評価した結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工段階と完成段階の現場での検査を経て評価した結果を記載した「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

フラット35

ページトップへ